【高血圧の治療】が必要なわけ

「高血圧と診断されたけど、自覚症状や体調の不調はありません」という方がいらっしゃいます。ではなぜ高血圧と診断されたら治療が必要なのでしょうか?

高血圧とは?

高血圧には、血圧が高くなる明らかな原因が分からない「本態性高血圧」と血圧が高くなる原因が明らかな「二次性高血圧」の2種類があります。

本態性高血圧は高血圧症の患者の90~95%を占めていて明らかな原因は解っていませんが、遺伝的素因や加齢、塩分の過剰摂取、寒冷、肥満、ストレス、運動不足、喫煙などが影響して血圧を上昇させていると考えられています。そのため、高血圧症は生活習慣病の一つとして取り扱われています。

高血圧の危険

実は高血圧自体、自分で気がつくような自覚症状はあまりありません。高血圧の場合、自覚症状があるかないかは、あまり重要ではありません。高血圧が危険と言われる理由は、動脈硬化による病気、心筋梗塞や脳梗塞など、生命を脅かす様々な病気の原因となるからなのです。

なぜ治療が必要なの?

血管をホースと例えてみると、ホースに水を流し、口の先を抑えて大量に流すと中の水圧が高くなります。新品のホースならまだしも、古く弱ったホースなら、すぐにひび割れて破れてしまう危険性があります。血管もこれとまったく同じ事が言えます。

たとえどんなに厚くて強い血管でも、長期間高い圧力がかかれば傷んでしまい破れる確率がどんどん高くなります。だからこそ、血圧を危険性の低い数値まで下げる必要があるのです。血管に無理をさせず、できるだけ長く良い状態で使えるようにするという事です。血圧の治療は将来起こりうる疾患への「保険」であると考えましょう。

原因

高血圧の原因として主に以下のことが挙げられます。

  • ストレス、不安
  • 食生活
  • アルコール、喫煙
  • 運動不足
  • 睡眠不足
  • 高血糖、慢性貧血などの病気がある。

予防

予防として、バランスの取れた食事、運動によって適正な体重を保つこと、十分な睡眠時間の確保が大切です。お酒については日本酒で1日1合、ビールなら大瓶1本くらいであれば高血圧を引き起こすほどの影響はありませんが多量飲酒をすると高血圧の原因となる事があります。

まとめ

すでに高血圧をお持ちの方や、家系に高血圧を持っている場合は生活習慣の見直しと改善を心がけましょう。高血圧の原因となりうる生活を続けるを避け、予防や治療をしっかり受けることで身体に無理をさせず長く大切に血管を使いましょう。

当院でも血圧の定期検診、お薬の相談、処方を行っています。現在治療中の方はもちろん、普段から血圧が高い方、御家系で血圧が高めで気になる方はお気軽にお問い合わせくださいませ。